鴻巣市の歯医者 フラワー歯科医院 一般歯科 虫歯 歯周病 歯槽膿漏

電話番号048-542-4618

一般歯科
一般歯科

一般歯科について

一般歯科

当院の一般歯科では、主に虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。
歯と歯茎のトラブルは、どんなことでも、お気軽にご相談ください。

虫歯は早めの治療が大切

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌が歯に付着した糖を利用して酸を作り、その酸によって歯が溶け、やがて穴が開く病気です。
初期の虫歯ですと、自覚症状も無く痛みも伴いませんが、虫歯が進行するにつれ、患部に細菌が繁殖して広がり、歯が痛み始めます。そのままに放置すると、他の健康な歯にも影響を与える場合がありますので、早期の治療が必要です。

虫歯の原因と進行

虫歯の進行度合いには、下記の5つの段階があり、この段階、および個々の患者様の状態に応じて、治療法もそれぞれ異なってきます。虫歯が進行すると、治療に時間と費用がかかるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。
歯が痛い・しみるなど、少しでも違和感がある場合は、早めにご来院ください。

  • 最初期=C0
  • 初期=C1
  • 中期=C2
  • 後期=C3
  • 末期=C4

進行度合い別の虫歯治療

C0の治療

穴が開く前の「最初期」の虫歯です。溝の部分に茶色い着色が見られることがあります。
この段階のうちなら、歯を削ること無く、治療を終えることができます。

C1の治療

表面のエナメル質まで、虫歯が進行している状態です。ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかないケースもあります。
虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)や金属などの詰め物をするだけの簡単な治療で済むため、麻酔をしなくても痛みはほとんど伴いません。

C2の治療

エナメル質表層下の象牙質(エナメル質の下にある硬組織)まで、虫歯が進行している状態です。
冷たい食べ物や飲み物などが歯にしみたり、噛んだ際に痛みを伴ったりする場合があります。
虫歯になった部分だけを削り、詰め物をするだけの処置を行いますが、治療で削る歯質が多いようなら、全体を被せ物で覆うケースがあります。

C3の治療

象牙質の奥にある歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで、虫歯が進行している状態です。
さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために歯髄を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、金属などを使って土台をセットし、被せ物を接着します。

C4の治療

歯冠部のほとんどが溶け、歯の根の部分だけが残っている状態です。既に歯髄(歯の神経)が死んでいるので、強い痛みはありません。ここまで至ると、もはや治療することはできません。早く歯を抜いて、傷の治りを待ち、歯が無くなったところをどのようにして噛めるようにするかを考えます(入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)。

虫歯の再発防止

歯の治療を行った後は、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯の再発を防ぐことが可能です。そして、虫歯の予防にあたって、なんと言っても大切なのが歯の掃除です。硬く固まってしまった歯垢(歯石)は歯磨きでは取り除けないので、歯科でしっかりクリーニングしましょう。歯が痛くなってから歯科にかかるのではなく、歯の検診を兼ねた定期的な受診をお勧めいたします。

歯周病について

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することで起こる炎症性疾患です。歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに進行し、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともある軽視できない病気です。
また近年、歯周病は口腔内だけの問題ではなく、心臓病や肺炎、糖尿病など多くの疾患の発症リスクを高めるほか、歯周病の妊婦は約5倍も早産リスクの高いことも明らかになっています。

歯を失う最大の原因

歯周病は、日本人が歯を失う最大の原因であり、初期の段階では自覚症状がほとんど無いので、気づかない人が多いものです。
歯磨きが不十分なために、歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が生じます。これが歯周病の始まりです。初期には自覚症状はほとんどありませんが、次第に赤みや腫れ、出血、排膿、口臭など、様々な症状が起こり始めます。
プラークが石灰化して歯石になると、通常のブラッシングでは取り除けなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に「歯周ポケット」ができて、さらに炎症が歯肉の内部まで進行すると、歯肉溝が深くなってきます。やがて歯根膜(歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨が破壊され、歯を支える力が次第に弱くなって、歯はグラついてきます。このままの状態を放置すると、最終的に歯は抜けてしまいます。

歯周病のセルフチェック

下記のような症状を覚えたら、早めにご相談ください。

  • 朝起きた時などに、口の中がネバネバする
  • 歯磨きをした時に、歯茎から血が出る
  • 歯と歯の間の「すき間」が広がってきた
  • 歯茎が腫れたり、膿が出たりする
  • 歯茎の色が、赤色や紫色に変化した
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える
  • 揺れている歯がある
  • 歯茎がむず痒い
  • 歯ぎしりをする
  • 口臭が気になる
  • 口内炎が生じやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 冷たいものを含むとしみる

当院での歯周病治療

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を使って取り除きます。
歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊してしまいます。
そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には大切なのです。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、目に見えない歯周ポケット深部に入り込んだ歯石をスケーラーで取り除き、さらに歯根を滑らかな面に仕上げる治療です。
歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除くのが、ルートプレーニングです。
ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。

フラップ手術(歯周外科治療)

フラップ手術とは、上記のルートプレーニングでは取り切れなかった、さらに深い部分の汚れや、歯垢、歯石を取り除く治療です。
ルートプレーニングと違う点は、歯肉に「切開」を加えることです。
切開により、歯肉の深い部分を直接目で見ることが可能になり、歯根の表面まできれいにすることができます。
なお、治療には麻酔を用いますので、痛みが出ることは、ほとんどありません(ただし患者様によっては、治療後に腫れが生じることがあります)。

※歯周病の治療で大切なことは、定期的に歯科医院でメンテナンス処置を受けることと、日々の正しいブラッシングです。歯科に定期的に通っていても、毎日の汚れを落とさなければ、意味が無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それを励行していただきたいと思います。

受診にあたって

  • 初診および月初めの受診の際は、必ず健康保険証(コピー不可)をご持参ください。
  • 就・転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい健康保険証を受付にご提示ください。
  • 住所や電話番号など、健康保険証の内容に変更が入った場合は、必ず受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、診察券は受診の都度、ご持参ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • 当院は、個人情報の取り扱いにはスタッフ一同、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。